わたしにとってのテレビとは

わたしはドラマが好きで、いつも新ドラマがあるときはチェックをしています。特に今は専業主婦となり、時間も余っているので、面白いドラマは何度も繰り返し見返しています。
今ハマっているドラマは「隣の家族は青く見える」です。
これは幸せそうな家族でも、何か悩みを抱えているというドラマです。わたしもいろんな悩みを抱えているので、ほかの人たちが羨ましいと思うことがたくさんあります。けれど、それはほかの人達にとって、わたしたち家族が羨ましく見えることがあるということです。このドラマを見ていると、ないものねだりではなく、今あるものを見て、幸せを掴みたいなと思いなおすことができます。
わたしにとって、ドラマは、自分を励ましてくれるものであり、楽しさを与えてくれるものであり、そして学ばせてくれるものでもあります。もしもこんなとき、自分はどうするだろうか、こういう行動を起こせば、相手が喜ぶのか、そういった場面を見て、ドラマを楽しみながら考えています。
他にも好きなドラマは「コウノドリ」でした。この番組を見ているとき、わたしは妊娠していたので、妊娠して出産するという、本当に奇跡のようだと思いました。最近、「コウノドリ」の続編が出ましたが、この時は流産をしてしまい、ドラマでも流産の話を放送していた時はとても辛かったです。けれど、落ち込んでいたわたしを立ち直らせてくれたのも、またこの「コウノドリ」です。このドラマを見ていなければ、わたしは今、立ち直ることができなかったと思います。
もしも、辛いことがあったとき、塞ぎ込んでいるとき、そんな時はテレビも見たくないかもしれません。けれど、そんな時こそ、気晴らしにつけておくことも良いと思います。芸人たちのやりとりに、ふっと笑ってしまうことがあったり、気分転換になれたり、明るい気持ちに戻ることができるかもしれません。
わたしも、今は楽しいドラマがあり、それを見るために家事や育児を頑張れている自分がいます。ドラマがあるからこそ、わたしは今日も、楽しく生きることができています。
仮に大好きなドラマを見逃してしまったとしても、最近ではTVドラマの見逃し動画配信もあるので、安心です。動画配信サービス(VOD)は、私にとっては欠かせない存在です。